結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

フォトウェディングの撮影で使えるおすすめグッズとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/28

東京には、写真映えするスポットがありますが、フォトスタジオ内で撮影をするなら、しかもフォトウェディングでの撮影であれば、映えるポーズを考えたり、使えるものを確認しておきましょう。

誰と一緒に撮るのかもポイントになる

結婚式を挙げずにフォトウェディングの撮影に臨むのなら、フォトスタジオ選びは重要なものになるでしょう。そんなカップルにとって、理想のシチュエーションもあるでしょうし、女性の場合にはウェディングドレスを着たい願望もあるでしょうから、こだわりたいことに協力的なフォトスタジオを選びましょう。東京のフォトスタジオにも、衣装のバリエーションやクオリティの高い小物を用意しているところがあります。

ちなみにSNSなどに対応するフォトスタジオも東京には多い傾向で、SNSにアップされたフォトウェディングの写真や映像を参考に『映える』グッズを使った撮影もおこなわれています。撮影に使えるおすすめグッズもあるようですが、そのおすすめも、基本的にカップルで撮影する場合と、ひとり撮影での場合で違ってきます。ウェディングドレスを着てひとり撮影を利用する女性も少なくありませんし、友人と一緒にフォトウェディングができるケースもありますから、これらに応えられるものは魅力ではないでしょうか。

グッズを使うのも単に写真映えを狙ってというだけでなく、自分の顔を写したくない場合にも使える利点があります。顔以外にフォーカスを合わせるためのおすすめグッズなどもあるでしょう。華やかさが欠けないように、そして顔が写らない違和感のない写真を撮るにも使えるものが理想的です。

オブジェやバルーンなどで表現しよう

使えるのは、結婚指輪や婚約指輪、紐状の装飾となるガーランドもありますし、ブーケを含めて花束や鉢植えもあります。特におすすめはイニシャルオブジェやペアグッズです。例えば、仲良く並ぶペアのテディベア、これは雑貨屋さんでもクリスマスやバレンタイン、ホワイトデーなどの恋や愛の告白のプレゼントに選ばれていますから、自前でなくとも見つけやすいようです。

そのポーズを真似して撮影をするカップルも少なくありません。また、一口にオブジェといってもグリーン(植物)をLOVE の形に加工していたり、プラスチックや木製などの素材もありますからテーマに合わせて選ぶようにしましょう。他には、バルーンや羽なども使えるでしょう。

プレートを使って表現してみよう

また、背景にも使えたり、顔出しNGとなるなら紐状の装飾のガーランドにフォトプロップスもおすすめのグッズです。カメラ慣れしていない分、表情がぎこちないこともあるでしょうし、照れ隠しにおすすめなのはフォトプロップスです。メガネやひげ、唇の形のプレートがついた細いスティックなのですが、デザインもさまざまにあります。ミニのウェディングドレスと斬新なタキシード姿には、その姿に似合うひげのフォトプロップスでお茶目に魅せるのもありでしょう。

シンプルな衣装ならば、蝶ネクタイやハット、リボンのフォトプロップスであったり、ドデカいダイヤモンドでウェディング感を印象深くさせることもできます。使い勝手がいいのはメッセージ入りでしょう。『ハッピーウェディング』などのメッセージでグッとウェディング感が得られるのではないでしょうか。

 

フォトスタジオではフォトウェディングの撮影にも協力的です。もちろん、事前に準備するものはなく、手ぶらでも撮影ができます。しかし、せっかくなら撮影に使えるものを用意しておきたいものです。おすすめは、ウェディングらしい小物であったり、愛を表現できるグッズなどです。もちろん、カップル、ひとり、友達との撮影によって、使えるものもいろいろありますから、持ち込めるようなフォトスタジオを東京で探しておきましょう。

サイト内検索
フォトウェディング関連コラム