結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

東京のフォトウェディングで自分の顔を写さないように撮影はしてもらえる?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/11/11

結婚式に向けての準備では、会場の手配から参列者招待にはじまり、デコレーションや色合いなどデザインや雰囲気づくりにかかわる全てについて選んだり、決めたりしなくてはなりません。

何かと時間がかかるもので、既にパッケージ化されているものの中から選ぶだけという手もなくはありませんが、自分たちらしいこだわりも捨てがたいものです。

お気に入りの場所で!

結婚式当日は新郎新婦を中心に、二人の家族や友人など多くの人々との交わりがある場で写真が撮られます。新郎新婦だけのものから多数を囲むものまで様々なシーンで撮影されますが、厳かな場面とあって緊張感もあり、余裕を持って撮影に応じることができません。

ならば、フォトウェディングという時間を別に設けるのはどうでしょう。これならゆっくりと写真撮影に専念できます。リラックスして写真家のアドバイスにも応じられますし、また何よりも場所の選択ができるというメリットがあります。

東京都内の結婚式の会場はどこもセンスが良い場所ですが、それとは別に二人の思い入れの強い場所を選ぶこともできますし、特に結婚式が洋式である場合にはフォトウェディングで和式、和装という選択も可能です。

そうすれば神前式を選ばなくても写真撮影はできるのです。フォトウェディングをお願いする時に東京のどのような場所が写真映えするか、人混みなど公共の場での制限がどうかなどコンディションを確かめることもできます。

リクエストは様々!

結婚式とは別の日に写真撮影だけを行うことには様々なメリットがあります。家族や参列者が多く集まるフォーマルな場では、奇抜なオリジナリティーを盛り込むことはしにくいものです。その場の雰囲気を乱さないように気をつかうものですが、二人だけの撮影の場なら様々なリクエストにも応えてもらうことができます。

例えば、比較的大人しい雰囲気のウェディングドレスを結婚式当日に着ることにしていても、別の撮影日には全く別のデザインのものや髪型、メイクやアクセサリーを変えることができます。服装や場所はもちろんのこと、時間がものを言う場所ならばタイミングを合わせてもらうこともできるかもしれません。

夕日を背景に入れて欲しい、早朝の日光の感じでなど、日の差し方や当たり具合によってイメージは大きく変わります。こちらのリクエストをリストアップしたら、知識を持った写真家のアドバイスに従って再考してみれば、新たなアイデアが見つかるかもしれません。

自分の顔を写さないように撮影してほしい!

ウェディングフォトのメインとなるのはやはりブライドである女性と、身にまとったドレスや髪型、また取り囲む環境などで、当然そうしたポイントに焦点が当たります。女性ほどではないかもしれませんが、花嫁の存在をたてる新郎もまたフォーカスされる一人です。

大切な二人を撮影するフォトウェディングですが、例えば自分の顔を写さないように撮影してほしいという状況になることも全くないとは言えません。例えば怪我や病気で傷を負ってしまったり、人には見られたくないコンディションである場合には、無理に撮影をするよりもそれとなく焦点をずらすなどする方が無難です。

イメージの強いイベントでの撮影ですが、強制的に撮るよりも、撮られる方が困惑しない方がよい仕上がりになるでしょうし、後に残す写真が好まない撮られ方をしているのはあまりにも残念です。理由はどうであっても、顔以外にフォーカスを移し華やかさを欠かさず違和感のない写真を撮ってくれるはずです。

 

せっかくの大切なフォトウェディングですから、家族からのプレッシャーや参列者の期待にとらわれることなく、自分たちの思い通りの写真を撮ってもらうのが一番大切です。場所やドレスなどはもちろんですが、自分の撮ってほしい角度などもあればお願いしてみましょう。

サイト内検索
フォトウェディング関連コラム