結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

東京でフォトウェディングを進める際の注意点

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/26

結婚式をどこで行うか、どのように進めていくかは相手の好みもあるのですべて自由に決めることはできませんが、フォトウェディングであれば自分の理想のウェディング写真を残すことが可能です。

ドレスではなく和装の写真を残せたり、リゾート地ではなく東京の景色をバックに撮影することもできますから、理想的なものに仕上がります。

 

フォトウェディングは東京でもできる

フォトウェディングというとリゾート地で行うものだというイメージがあります。確かにスマートフォンなどで手軽に撮影するものではないですし、衣装の準備やそれなりのカメラ機材なども必要になりますから、フォトウェディングといえど立派なウェディングだといえます。

ですがリゾート地のみで行う特別なものではなく、東京の街中でも行うことが可能です。自分が普段見慣れている景色や通勤途中にある建物をバックに写真撮影をすることも可能です。

しかしながら好きな建物があっても東京の街中でウェディングドレス姿で撮影をするのは非日常的なことでもありますし、人通りの多いところであれば通行人の邪魔になってしまうことも考えられます。

ですから自分たちで好きに行うのではなく、きちんとフォトウェディングを行っている会社に依頼して、注意点を確認しながら進めていくことが大事です。フォトウェディングを扱っている会社であれば段取りにも慣れていますから、時間を無駄にしません。

 

東京でフォトウェディングをする際の注意点

東京の街中ではなくイベント会場やフォトスタジオ等で撮影をするような時は、フォトウェディングに適している環境であることからそれほど注意点もないことが多いですが、普段フォトウェディングなどをしない場所で行いたいような時は、進めるのに注意が必要です。

特に人通りが多い場所であれば写真撮影に長い時間が取れないので、移動も撮影も手際よく行わなければなりません。ですからドレスも衣装もすぐに撮影できる完璧な状態でスタンバイする必要がありますし、路上駐車にならないように事前に近くの駐車場なども調べておくことが大事です。

また、撮影不可の場所でないかどうかも確認しておきましょう。稀にそうした写真撮影に使用するのは禁止されていたり、別途費用が必要になるようなこともあります。当日手際よく進めるには、たぶん大丈夫だろうということではなく事前にきちんとアポを取っておいたり確認しておくということがとても大事になってきます。

 

フォトウェディングはいくつか場所を決めておく

フォトウェディングは当日やり直しがきかない結婚式に比べて撮影のし直しというのができるので良いですが、それでもわざわざ撮影場所まで衣装を着て出向いていかなければいけないので、念入りに打ち合わせをして失敗ないようにするのが一般的です。

ですが、どんなに念入りに打ち合わせをしても当日まで分からないのが天気です。素敵なロケーションや建物であっても、屋外であれば天気でイメージが変化してしまいます。

ですから梅雨の時期や天気が不安な時は、いくつか場所を決めておくのが良いです。この場所でなくてもほかに素敵な場所があればそこでも良い、ということであれば代替えが可能にもなるでしょうから、いくつか候補を決めておくと良いでしょう。

仕事が忙しい人であればフォトウェディングであっても何日も設定できないことが多いですし、レンタルの衣装の都合もあります。日付を設定したら後から変更しなくても良いように、臨機応変に対応できるようにしましょう。

 

フォトウェディングは披露宴を行う結婚式よりは手軽なものではありますが、失敗せずに良い仕上がりのものにするためには打ち合わせや注意点を把握しておくことが大事です。理想の一枚を実現するために念入りに計画しましょう。

サイト内検索
フォトウェディング関連コラム