結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

東京で入院中でもフォトウェディングはできる?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/06/26

結婚の記念や思い出づくりとして、フォトウェディングを希望する人は多いです。

しかし、新郎新婦や家族が入院中であれば、利用することができないと思い諦めてしまう人も多いと言えます。

東京にあるスタジオには、入院している人がいる場合でも写真撮影を行うことが可能な場所があるので、入院中だからと言って諦める必要はないのです。

 

東京で入院中のフォトウェディングは可能なのか

入籍の記念や思い出づくりとして、フォトウェディングの利用を検討する人は増えています。美しい衣装を身にまとい撮影することができるので、結婚式は挙げないけれど写真は残したいという人や、結婚式で着ることができなかった衣装を着てみたいと考える人の利用が多いです。

けれども、もしも撮影したいと考えるカップルや夫婦、両親などが入院している場合、撮影が難しいと感じられます。しかしながら、たとえ入院している人がいる場合でも、撮影が可能な場合は多いです。

撮影が可能であるかどうか、どういった方法で実施するのかということは、スタジオによって大きく異なります。なかにはホームページ上に撮影可能であることを記載しているスタジオや、スタッフブログで入院中に実施したときに紹介をしているスタジオもあるのです。

入院しているけど衣装を着たい、撮影をしてほしいという場合は気になるスタジオのホームページを確認したり、問い合わせをしてみましょう。

 

入院している場合の撮影方法とは

入院中に撮影する方法はいくつかあります。

まず一時退院が可能な場合は、スタジオまで足を運ぶという方法です。一時退院とまでいかなくても、外出許可が得られるのであれば時間内に撮影することもできます。お医者さんと相談を行って、スタジオまで出向くことができる場合は、その場や周辺で撮影を行うことができるでしょう。

もうひとつは、病院にスタジオの方が出張するという方法です。外出や退院は不可能であるが病院内であればオッケーという許可を得ることができれば、このような方法で行うこともできます。これは病院とスタジオ両方の許可が必要なので、どちらも大丈夫であるか確認しなければなりません。

撮影する場所にはこういった違いがありますが、他は通常のフォトウェディングとほとんど同じです。メイクやヘアセット、衣装の着付けを行ってから撮影を行うことになります。入院中の利用を検討している場合は、どういった方法で撮影できそうか確認しておきましょう。

 

入院中のフォトウェディングで気をつけておくべきこと

入院中にフォトウェディングを利用するのであれば、気をつけておくべきこともあります。

まずお医者さんにきちんと相談するということです。外出や退院が可能であっても、締め付けのある衣装を着るような撮影は身体に負担がかかるという場合もあります。この他にも何かしらの危険がある可能性があるので、お医者さんにフォトウェディングを受けたいが注意することはないか確認しましょう。

また、通常よりも制限が多いことを知っておく必要があります。通常の撮影であれば思い出の場所などスタジオ以外で撮影できることも多いですが、入院中の場合は病院やスタジオをはじめとした近場でのみの撮影になるでしょう。希望する場所では実施できないかもしれないと思っておく必要があります。

東京には入院していてもフォトウェディングを撮影してくれるスタジオがたくさんあるので、まずは問い合わせを行って気をつけておくべきことなどがないか、確かめておくと良いでしょう。

 

記念に撮影したいけれど、入院しているからという理由で諦めているかもしれません。東京には入院中であってもフォトウェディングを実施することが可能な場所があります。無理だと諦めてしまわずに、撮影してもらえるスタジオを探すことがおすすめです。

サイト内検索
フォトウェディング関連コラム