結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

東京のフォトウェディングは挙式と同じ日に依頼は可能?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/03

二人の結婚の記念でもあるフォトウェディングは、挙式の日よりも前に利用する前撮りも人気です。しかし、挙式当日に依頼することも可能です。その日に済ませることは、さまざまなメリットを持っています。挙式の前に撮影が行われるというのが一般的ですが、結婚式場によってもサービスに違いがあるので事前問い合わせが必要です。

東京の結婚披露宴に参加してくれる人にも見てもらうことができる

フォトウェディングの撮影は、結婚式場にあるスタジオ内だけでなく、ロビーや庭園などの屋外に出て行われることがあります。これらの場所は、結婚式や披露宴に参列してくれる人たちが通りかかる場所でもあるので、みんなに温かく見守られながら撮影が行われることになります。

二人にとっては一生に一度のことと思うと緊張をしてしまいがちな挙式前ですが、親しい人たちに囲まれながらであれば自然な笑顔も出ることになります。そして、表情も優しく良い写真が撮れることにもつながります。また、参列客と一緒に撮ることもできるため、新郎新婦の二人だけとは違ってみんなで思い出に残る撮影の時間を過ごすことができます。

撮影した写真は、挙式が行われている間に加工してもらえるサービスも用意されています。さっき撮影したばかりの写真は、披露宴のウェルカムボードに採用してみたり、披露宴中に流すウェディングムービーにして招待客に見てもらうこともできます。

結婚披露宴で着た同じ衣装での撮影が可能になる

東京都内には、フォトウェディングだけを行うスタジオはたくさんあります。しかし、衣装はそのスタジオで用意してもらうことになります。つまり、別のスタジオで撮影を行うとなると、衣装は挙式で着たものとは別の物となってしまいます。

結婚の記念として残す写真のドレスは、招待客のみんなにきれいだねと褒めてもらったものにしたいと女性なら誰でも思ってしまうものです。当日の撮影となれば、確実に思い出のドレスでの写真を残すことができます。また、挙式を行う結婚披露宴会場にあるスタジオを利用するという場合でも、別の日にすれば衣装の準備が難しいことがあります。

レンタルの衣装は別の人が使うこともあり、その日が挙式日ではなくても花嫁のサイズに合わせてドレスのサイズ調整が行われていたりと、もしものことを考えてある程度の期間は貸出禁止とされていることがあります。そういった面でも、当日に着たままの撮影であれば、衣装がないということもありません。

衣裳の着替えやヘアメイクも一回で済ませることができる

フォトウェディングは、東京で挙式を行う日とは別の日を設けて撮影を行う前撮りなどの方法が利用されることもありますが、そうなると衣装に着替えたりヘアメイクを施してもらったりという手間が2回必要になります。ウェディングイベントは、招待状から始まり挙式と披露宴、二次会など用意することがたくさんあります。仕事に追われる毎日を過ごしている二人となると、できるだけ無駄な時間は作りたくないものです。

当日の撮影は一度で済ますことができるというメリットの他にも、フォトウェディングの写真とスナップ写真に違いが出ることがないという利点もあります。前撮りでお世話になったスタッフに、当日もまたお願いできるとは限りません。

後から結婚記念の写真を一冊のアルバムにまとめた時、男性であればそれほど違いが感じられなくても、女性となるとちょっとした髪型やメイクの仕方で印象が大きく変わることがあります。違和感のないアルバムにするためにも、当日のフォトウェディングがおすすめです。

 

東京で挙式を行うという場合、同じ日にフォトウェディングを行うことも可能です。一日で全て済ませることができるために時間も費用も無駄にならないというメリットがあり、記念日でもある挙式日に撮影をしたという記念の写真に残すことができます。

サイト内検索
フォトウェディング関連コラム