結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

自分に合ったドレスの選び方とは?

東京のスタジオでフォトウェディングを撮影するときにも、もちろん主役は花嫁であり、自分に合ったドレスの選び方を知ることで最高の写真を残すことが出来ます。

自分に最もマッチしたウェディング衣装を選ぶコツは、何よりも自分の体型と向かい合うことであり、そこから自分のボディラインを最も美しく魅せてくれる衣装を厳選することです。

 

自分に合う最高のドレスを選ぶポイントとは?

憧れの東京のスタジオでフォトウェディング撮影をする際、花嫁にとってウェディング衣装はとても重要なアイテムであり、自分に合うドレスの選び方を知っておくと、スムーズに運命に衣装を選びやすくなります。

自分のボディラインと向き合うことで、本人に最もマッチするラインを知ることになりますから、体型に相性が良い衣装を選ぶことです。

全体的に痩せ型の人もいればぽっちゃり体型の女性もいますし、バストが大きいか小さいかでも似合う衣装のラインは違ってきます。

普通体型の人もいれば、肩幅が少し広めの人もいますので、体型チェックをした上で最も似合う衣装を見つけることです。

最もスタンダードな普通体型女子であれば、ボディラインのバランスに恵まれていることから、ほとんどの衣装を着こなすことが出来ます。

童話で見るようなキュートなプリンセスラインも、ナチュラルな印象を醸し出すエンパイアラインも、すっきりみせるAラインだって問題なく着こなせますので、あとは本人の好み次第です。

エレガントなイメージにしたいなら、マーメードラインを選ぶこともできます。

 

痩せ型で背の高い女子と背が低めな花嫁が選ぶべき衣装とは?

雑誌などで見るモデルは皆スレンダーで長身ですから、どのような衣装も素敵に着こなすことが出来ます。

身長が高めで痩せ型の花嫁であれば、東京のスタジオでフォトウェディングをする際には、スレンダーラインマーメードラインがぴったりです。

高身長とスタイルの良さに恵まれている新婦の場合は、用意されているドレスはほとんど似合うため選択肢は広いものの、スレンダーラインやマーメードラインは、よりスリムで美しいスタイルを引き立ててくれます。

スタイリッシュで品の良さも醸し出しますが、キュートさを加えたいならアクセサリーを活用するのが賢い方法です。

反対に身長が低めでスリム体型の花嫁であれば、エンパイアラインとの相性がとても良くなります。

背が低めで痩せ型の女性は華奢な印象なので、シルエットはシンプルな方が似合いますし、ウエストラインが高めのAラインもぴったりです。

プリンセスラインやベルラインの衣装に決めたいと考えた時には、デザインはウエストのポジションが高めの衣装を選択する事で、ボディにも程よくフィットします。

 

ぽっちゃり体型の花嫁や肩幅が広めな花嫁に似合うドレスとは?

女性らしくて優しい雰囲気が醸し出されるぽっちゃり体型の花嫁で、割と背が高めならば、東京のスタジオでのフォトウェディングでは、プリンセスラインがぴったりです。

ヒップやレッグラインなどは広がるドレスで上手にカバーができますし、反対にコンパクトに上半身がまとまりますので、ボディラインを美しく引き立ててくれます。

背が高いことでラインを活かせますし、華やかなシルエットは美しくキュートな印象です。

ぽっちゃり体型で背が低めの花嫁の場合は、広がるAラインのドレスが似合います。

着用をするとAラインが強調をされるため、印象がとても華やかです。

スタイルを良く見せるためにも、アクセサリーや衣装のデザイン選びの際には、視線があえて上半身に集まるようにします。

ホルターネックの花嫁衣装が似合うのは、肩幅が広めな花嫁です。

あえて方の出るホルターネックを選ぶことで、上半身を見た時に縦長の印象を与えることが出来ます。

美しい鎖骨ラインも協調をされますので、アメリカンスリーブドレスやワンショルダーなどもぴったりです。

サイト内検索