結婚式前撮りならここ!東京都内でフォトウェディングができるおすすめフォトスタジオ

スタジオに使用したい小物を持ち込むことは可能?

新郎新婦の理想を叶えてくれる東京でのフォトウェディング撮影の際には、スタジオに使用したい小物を持ち込むのも良いアイデアです。

スタジオに事前確認することは念のため必要ですが、カップルにとって思い出深いアイテムは、一緒にフォトに残して最高の写真にします。

結婚指輪や婚約指輪はもちろんのこと、ガーランドなども活躍をするアイテムです。

 

最高の思い出と共に残したい小物の持ち込みは可能かどうか

お洒落な東京でフォトウェディングを撮影するとなれば、カップルにとって最高のショットを残したいと考えます。

スタジオであらかじめ用意をされた小道具を利用するだけではなく、自分たちにとって思い出深い物や、写真に残したい小物を、スタジオに持ち込みたいと考えるカップルも少なくはありません。

ささやかな小さなアイテムであれば、基本的に多くのスタジオでは追加料金を請求されることはなく、無料で行うことが可能です。

でも気を付けたいのは、自分たちで用意をした花束や鉢植えなどの生花、生物などであり、植物にしろペットなどにしろ、断られるケースは多くなります。

中にはペットもOKなこともありますが、多くのスタジオではお断りのケースですから、希望をするならばあらかじめ確認をすることです。

また撮影時に管理が難しいと判断できる物や、サイズ的に誰が見ても大きすぎるものは、もはや小物の範囲を超えていますので、NGになる可能性は高くなります。

いずれにしても自己判断ではなく、事前確認をして気持ちのよい撮影にすることです。

 

フォトウェディングには指輪など思い出深いアイテムも持参を

ワクワクする東京でのフォトウェディング撮影ですが、スタジオに2人が使用したい小物を持ち込むことが出来る場合、何を持ち込みしたらよいかもハッピーな悩みです。

カップルにとってとても思い出深い婚約指輪や、ハッピーウェディングを祝福する結婚指輪などは、当日忘れずに持参したい小物の代表ですし、イニシャルオブジェなども一緒に写真に残したいと考えることもあります。

一生残るスイートな思い出写真ですから、仲良く選んだペアグッズだとか、ガーランドにフォトプロップスなども、フォトウェディングの写真を一層幸福感溢れる写真に仕上げてくれるアイテムたちです。

ずっと残る思い出フォトですから、撮影当日に忘れ物をして後悔のないように、2人で事前に何を持参するのか、あらかじめ書き出してピックアップしておきます。

撮影当日には持ち込みアイテムを元に、プロのカメラマンとよく相談して、アイテムを活かしながらの撮影をすることが可能です。

自分たちの希望を最優先することが出来ますが、プロならではのアドバイスも参考になります。

 

持ち込んだ小物を活かすためのポーズとは?

東京でフォトウェディングを撮影時に、スタジオにカップルが使用したい小物を持ち込む際には、そのアイテムにあったポーズなども考えておくとスムーズです。

定番のポーズは2人で並ぶ直立ポーズであり、ウェディング衣装もカップルの顔も真正面から見ることが出来ますが、せっかくですから小物を活かして様々なポーズに挑戦をすることも忘れません。

視線位置として目を合わせるのも定番ですが、見つめ合うのは愛情の深さが伝わります。

スタジオ内では座るのも定番ですが、男性が立ち姿で女性が椅子に座るパターンが多いです。

また残しておきたいのが、ウェディング衣装での2人の後ろ姿であり、新郎が新婦の腰あたりに手を回すと、男らしく支えるような雰囲気が出ますし、手をつなぐ写真も仲の良さが伝わり良い写真です。

結婚報告のはがきや、挙式当日のウエルカムボードにも使いやすい、文字入りガーランドの小物を持参して、2人で手に持ち写真に残すのも良いアイデアになります。

前撮りでも人気のフォトプロップスを手に持ち写真を残すことで、カジュアルな雰囲気が伝わる写真を残せるのも楽しいです。